びらとり和牛でローストビーフセミナー@マックスバリュ新発寒店

こんにちは、エミナ編集部のえみっちょです。先日、マックスバリュ新発寒店で開催された「びらとり和牛セミナー」の様子をご紹介させていただきます。

マックスバリュ新発寒店は、追分通りのヤマダ電機さんそばにある10月に新しくオープンしたばかりのお店。新しいお店は気持ちが良いですね~。

IMG_8109_R

マックスバリュの中にある「くつろぎひろば」というイートインスペースを、可動式のパーテーションで区切ってセミナースタートです。

IMG_8071_R

まず最初に、JAびらとりさまよりびらとり和牛についてのお話しをしていただきました。広大な敷地で育てられた和牛は、30か月で出荷されるのですが30か月というと2年以上!手間ひまをかけ、丹精込めて育てられているんですね。びらとり和牛のほとんどは、15段階ある牛肉の格付け等級のうち最高ランクのA-5なのだそう。スゴイ!!

IMG_8074_R

つづいて、管理栄養士より牛肉の栄養についてのお話しも聞いていただきました。お肉といてばたんぱく質ですが、私たちの筋肉・皮膚・髪・骨・血液などからだの主な構成成分でもあります。たんぱく質が不足すると、肌や頭髪のトラブル、免疫力・体力の低下、子どもでは、集中力の低下などがみられるようになるそうです。牛肉はアミノ酸スコアが高く、良質なたんぱく質が多く含まれているのだそう。ぜひ意識して積極的に摂取していきたいですね。

IMG_8086_R

お勉強も大切ですが、次はライブクッキング。ご自宅できちんと再現できるように、作り方を見ていただきます。日本食研のコウテンケツさん似の植松さんが教えてくれました。

IMG_8144_R

お肉は、冷蔵庫から出して室温に戻しておき、表面温度とお肉の中の温度に差がありすぎないように注意しましょう。たっぷりとシーズニングをまぶしたら、温めたフライパンで表面を焼いていきます。

IMG_8150_R

中火の強火でかたまり肉の表面すべてを焼いていきますが、焼き時間は1面約20秒でOK。

IMG_8153_R

ふたをして、ごく弱火にして、5~6分。その後火からおろして30分程度放置。最後に冷蔵庫で1時間冷やしたらできあがり!

IMG_8093_R

早速皆さんに試食していただきました。なんとパンをもってきて、ローストビーフサンドにしているお客さまも!!準備万端ですね~♪

IMG_8097_R

こどもたちも、美味しそうに食べて、おかわりもたくさんしてくれました!

IMG_8103_R

最後には、お土産も~!!今回使ったローストビーフの素以外にも、日本食研さんから素敵な商品をお土産にいただきました。

IMG_8137_R

12月・1月はみんなで集まる機会も増えますよね。ぜひ、びらとり和牛と日本食研のローストビーフの素を使って美味しい~~ローストビーフを作って、皆さんに振る舞ってくださいね!!

コメントをどうぞ