【VOL.24】先輩ママのアドバイスから学ぶ 失敗しないマイホーム - eminaWEB(エミナ)

【VOL.24】先輩ママのアドバイスから学ぶ 失敗しないマイホーム




モデルハウス巡り
 色々なモデルハウスを見て、自分たちのなかで、絶対に入れたいという項目は決めておくといいと思います。(Y・M)
 たくさん見た方が良い所も、悪い所もわかりますよね。(編集部)
契約する前に
 中古物件は、壁紙の貼り方や結露、冬の雪対策などしっかり調べてじっくり考えて決める事が大事だと思います。契約時に保証内容をしっかりチェックするのも重要です。中古なので、どこまでが保証されるのかなど、しっかり聞いたり文章を読んでおいた方がいいです。(N・K)
  後々困らないためにも、わからない事はどんどん質問しましょう!(編集部)
ご近所
 子育て世代の新築なら、新興住宅にした方が良いと思います。世代が同じだったり子どもの学区が同じだったり、ご近所で助け合ったり出来てとても良いと思いますよ。(S・R)
   子ども達にもたくさん友達ができそうですね。(編集部)
焦りは禁物
 出来れば色々な家を見学し、土地を選ぶ時は学校や交通機関などじっくり選び、焦らない事が大事だと思います。(O・S)
  お子さんの学校までの距離や通学路をチェックしておいたほうが安心できますね。(編集部)
最優先は?
 自分たちの家族構成、生活スタイルに応じたシミュレーションをしっかりすると、優先順位が出てくると思います。妥協する点、ここだけは譲れない点を夫婦で話し合っていくことが成功の秘訣かと思われます。(T・Y)
  話し合いの途中でケンカにならないようにしてくださいね!(編集部)
資料作りから
 モデルハウスだけでなく、現場見学会へできるだけ沢山行って、自分が気に入った箇所をデジカメで撮っておくと(了解を得てからにしましょう)、打ち合わせ時にイメージを伝えやすく重宝しました。(K・Y)
  言葉だけだとなかなか伝わらないですよね。とことんやりましょう(編集部)
  どっちかなぁ?
 マンションなので、今でも一戸建ては憧れます。でも、一戸建てだと郊外というイメージ。市街地でマンション購入は何かと利便もありますが、子供が小学生になった今、やはり街中よりも子供が伸び伸び育てられる環境に住むということも、大きな魅力だ な〜と感じる今日この頃です。(K・M)
  どっちも魅力的ですよね。これは、なかなか決められないなぁ!(編集部)
  家族会議
 何回もできることではないので、将来性を見通したうえで慌てない事だと思いますが、縁もあるので、先延ばししすぎて後悔し ないようにしましょう。両親に相談してみると、客観的な意見が聞けていいと思いますよ。(O・I)
  第三者の意見ではじめて気付く事も多いはずですよ!(編集部)
  情報収集
 自分の買う、建てる家に必要・不必要関わらず、いろんな家に関する情報はたくさん持っていて損はしないと思いました。(S・N)
  いろんな知識があれば、計画をたてる時も楽しくなりそうですね!(編集部)
 皆さんモデルルームなどを参考にして、納得するまで家族で話し合っているんですね。みなさんも、自分達のライフスタイルに合った、理想のマイホームを手にいれましょう。