紙面で学ぶジンギスカンセミナー


楽しいお勉強とおいしい試食。さらにうれしいお土産付きの大人気の食育セミナー「ジンギスカンセミナー」、今回は清田区の美しが丘幼稚園で開催しました。

保護者の皆さんはジンギスカンのお勉強
 ジンギスカンが北海道に広まった歴史や、地域によって食べ方が違うことなどを栄養士からお話。北海道の中でも出身地によって食べ方が違ったり、一緒に焼くお野菜などにも違いがあってとても興味深いのがジンギスカンです。そして、羊肉の栄養についてお勉強。ほかのお肉に比べて亜鉛や鉄が多く含まれている羊肉は、女性に多く、お子さまにも起こりうる貧血予防にもいいですね。成長期だからこそ、免疫力アップや貧血予防に積極的に摂取してもらいたい栄養素です。

楽しみながらジンギスカンについて学ぼう!
 ママたちがお勉強をしている間、子どもたちのところには、スペシャルゲストのゆみ先生が遊びに来てくれていましたよ。まずは、紙芝居で楽しくジンギスカンのことを学びます。「ジンギスカンって何のお肉?馬?牛?羊?」みんな、わかったかな。そのあとは「ジンギスカンダンス」で踊っちゃおう!
 アップテンポだったけど、少しの練習で、みんなあっという間に覚えて保護者の皆さんにお披露目しました。腰をフリフリ、掛け声も元気よく楽しみました♪

美味しいジンギスカンの試食
 ダンスで身体を動かしたあとは、親子で試食タイム!今回は生ラム肉・お野菜・焼きそばを入れて「ジンギスカン焼きそば」の試食です。味付けは、ベル食品のジンギスカンのタレのみ!みんなで食べると美味しいね。
 お野菜が苦手なお子様も「ピーマン食べれた!」と大喜び。食育は、食に興味を持ってもらうのが第一歩!今回の講座がそんなきっかけになったら嬉しいです。


 材料(分量は適宜)
 ●生ラム肉
 ●玉ねぎ、ピーマン、エリンギ、もやし
 ●蒸し中華麺
 ●ベル食品 ジンギスカンのタレ
作り方
ホットプレートにラム肉を入れ、火が通ったら野菜・蒸し麺を入れよく混ぜる。ピーマンは最後に入れると色よく仕上がります。全体に火が通ったら「ベル ジンギスカンのタレ」で味付けし、出来上がり!


石田学園
美しが丘幼稚園
住所:清田区美しが丘5条5丁目8番20号
電話:011-884-6767
HP: http://utsukushigaoka.ed.jp
『あかるい顔・げんきな声・おおきな心』を柱に、よく見つめ、よく考え、行動する子どもを目指していきます。
全教職員が子ども達ひとり、ひとりと関わりながら様々な体験を通 して“こころとからだ”が育つよう援助し「あそび」を基本に自立と共存を学び農園を利用し食育にも力を入れています。


ジンギスカンについてどのくらいご存知ですか?知ってるとちょっとお得な豆知識をご紹介

鉄は、記憶力や集中力をアップさせてくれるほか、情緒の安定にもつながるといわれています。亜鉛は、細胞の新陳代謝に必要な栄養素です。動物性食品に含まれる [ ヘム鉄] と植物性食品に含まれる [ 非ヘム鉄] を一緒に摂取すると吸収率がアップ!
なので、ラム肉とほうれん草やひじきなど、あるいはビタミンCを多く含むブロッコリーなどを一緒に摂取することで、より効果的に鉄を摂取することができます。

生後1 年未満の羊肉を“ラム肉”、2 年以上の羊肉を“マトン”というよ。

羊肉のコレステロールは他の肉に比べて少なく、魚肉と同じ程度。更に体内のコレステロールを減らす不飽和脂肪酸が多く含まれているので、コレステロール値を下げてくれる効果も期待できます。

体温が1度低下すると大幅に免疫力や代謝が落ちると言われています。体を冷やさず温めることは病気から体を守る大切なポイン ト!羊肉は温熱性食物で、体を温める効果が高い食物です。体をポカポカにする事により、免疫力を高めてくれることにつながります。